2019年11月05日

寒くなってきました。

今朝は、霜で白くなっていました。

b191105.jpg

今年は暖かくて・・・。
紅葉も、あまり色づいていません。
寒くなってきましたので、これからは、鮮やかな紅葉になることを期待しています。

今年の営業は、12月までの予定です。
しかし、紅葉が早めに終われば・・・。
奥安芸の漆館も、早めの冬季休業に入ろうかなぁ〜?と、思います。
(観光地ですので、紅葉が終わると・・・お客様も来られません。)
posted by しんたく at 13:03| 日記

2019年10月26日

新作を追加しました。

奥安芸の漆館へ新作を追加しました。

b191026 1.jpg
【桜切立茶盆尺一寸】 ¥11000+(税)

b191026 2.jpg

前作のケヤキ盆よりも、一回り大きいお盆です。
サクラは、見た目よりは意外と重く感じます。
質感は、少し柔らかいです。

サクラは、仕上げた直後は、うすいピンクの色合いなのですが・・・。
日に焼けてくると、濃い目の茶色に変わります。
毎日、使用しながらカラ拭きを続けて育てると・・・骨董品?みたいな存在感に変わります。
「木を愛でる」・・・長老たちは、そう言って・・・お盆をなでていました。


話が少し変わりますが・・・。
作者が老夫婦の家で、お茶を頂いていた時の話です。

木の好きなお爺さんは、床の間に銘木のお盆をいくつも飾られていました。
いくつも持って来られて、「杢目の素晴らしさ!」を、長々と僕に話されました・・・。
・・・。
なが〜い話が終わり、お盆が床の間に帰ると、お婆さんが・・・。
「あれは、何に使用する物ですか?」と、言われました。

僕「・・・お盆だと、思います・・・。」


「日々の暮らしで使用される雑器」・・・。
飾られないで、普段使いの「物」にする事の難しさを感じています。
posted by しんたく at 13:17| 日記

2019年10月18日

小学生さんが見学に来られました。

近くの小学校から2年生さん達が、奥安芸の漆館へ見学に来られました。
今回は、「町たんけん」って事でしたので、制作工程のサンプルを見ながらのお話にしました。
「おじさんは、木を削って、漆を塗って・・・お椀を作るんだよ!」って感じです。

4年生になると、社会で「広島県の伝統工芸」を勉強されるそうなので・・・。
「昔の道具と物作り」って感じの話にしています。

「伝統工芸の出張授業」などの場合、補助金や専門機関への申請などの手続きが必要な場合がありますが・・・。
僕の場合は、必要がありません。
「広島県指定伝統的工芸品 戸河内挽物」でも宜しければ・・・無料で出かける事にしています。


今日、見学に来られた子供たちは、10数年後・・・自分用にお椀を準備する事があると思います。
しかし、そこで手にする漆器のお椀は・・・。
「プラスチックに合成塗料を塗った漆器のお椀」だと思います。
そこで・・・。
「あれ?漆器のお椀って、木に漆が塗ってある物じゃないの??」
「昔、小学校の近くで、おじさんが作っていた様なお椀って、どこにあるの??」
って、感じてくれる人が一人でも居てくれれば・・・僕の授業は、成功です!
posted by しんたく at 23:48| 日記