2018年09月10日

漆器の修理。

工房周辺は、急に寒くなり・・・。
思わずコタツを出してしまいました。

さて、工房では・・・。
漆塗りの作業のついでに、工房に届いたお椀の修理をしています。

「工房のお椀の修理について」のお問い合わせを頂くことが、時々あります。

漆器の修理は、作者の作品以外は、お断りしています。
自分の作品以外の修理を受けてしまうと、修理用に素材を購入する事になり・・・。
作者のお金と時間を消費してしまい、工房の維持に支障となるためです。

工房の作品の修理については、基本的に無料です。
漆塗り作業のついでに、ちょこちょこと修理もします。
同じ作業に同じ素材を使用して、ほとんど漆も消費しないので・・・無料としています。
ただ・・・「作業のついでに!?」が条件の為、お時間は頂きます。
「1年でも、2年でも待つよ!」と、言っていただくと・・・無料です。

工房の作品(漆器)の修理の依頼方法は・・・。
まず、事前に電話かメールで、ご相談下さい。
お客様の「修理したい部分と状態」が分からないと、作業が非常に遅れてしまいます。
また、「修理不可能」な場合もあります。

作者の「修理内容の返答」に納得して頂いた場合は、工房に郵送して下さい。
修理後、工房から、お客様に郵送させて頂きます。
出来ましたら、送料は負担して頂けると助かります。


こんな感じの「商品の無料修理保証」は・・・工房がつぶれるまでの限定サービスです。
作者の本音は・・・。

「傷んだお椀は捨てて、新しいお椀を買って下さいね!」
posted by しんたく at 22:59| 日記