2019年05月20日

いつか、そのうち・・・。

新しい原木の丸太を入手出来ない工房では・・・木材倉庫の整理をしています。

原木の丸太を製材すると、お盆やこね鉢などの「大きな物」から木取りをします。
その残りから、菓子器や小皿などの少し「小さな物」の木取りを行います。
しかし・・・。
小さな物は、「いつか、そのうち作ろう!?」と・・・後回しにしていました。
その「小さな物」を、仕上げてみる事にしました。

小さいと言っても・・・。


b190520 1.jpg

厚さ6センチで、30センチ程度の木材です。
シミになっている部分は、昨年の豪雨で倉庫内が浸水した影響です。

木材に「丸」を書いて・・・。

b190520 2.jpg

帯鋸で切断。


木工轆轤に木材を取り付けるには、「ツメ」を木工轆轤に取り付けます。
「ツメ」は、木片に釘や金物を打ち込んで制作します。

b190520 3.jpg

ツメに木材を叩き付けます。

b190520 4.jpg

b190520 5.jpg

これで、準備完了。
器の「裏側」になる部分から挽き始めます。

b190520 6.jpg

何が出来るか?・・・秘密です。
・・・と、言いたい所ですが、菓子器です!?
posted by しんたく at 23:52| 日記